<多摩川>アユの遡上ピーク(毎日新聞)

 東京都と神奈川県境を流れる多摩川で、アユの遡上(そじょう)がピークを迎えた。東京湾に注ぐ河口から約13キロ上流の都水道局調布取水堰(せき)(東京都大田区−川崎市中原区)では、体長8センチほどの稚アユの群れが、流れに逆らい懸命に跳びはねている。

 06年から遡上時期に合わせて堰を開放している。国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所の調査によると、5月8日時点の累計遡上数は約50万匹。担当者は「今週末の大潮の前後に、たくさんの遡上が見られるのでは」と話している。【手塚耕一郎】

【関連ニュース】
アユ:初競り威勢よく 岐阜
養殖アユ:すくすく育ち、もうすぐ放流 岐阜・美濃
稚アユ:大きくなーれ 養父・八木川に放流 /兵庫
稚アユ:大きくなって帰ってね 児童ら放流−−鳥取・千代川河川敷 /鳥取
稚アユ:13万匹放流 例年に比べ体長大−−松阪の櫛田川 /三重

女性に跳び蹴り 男が財布奪い逃走(産経新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
介護が政治に望むこと(5)「平均在院日数など盛り込み『質』を評価する報酬改定を」―日慢協・武久洋三会長(医療介護CBニュース)
枝野氏「母国の子は支給対象外」(産経新聞)
鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”(産経新聞)
[PR]
by disjsgmp34 | 2010-05-12 21:51