事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC(時事通信)

 広島市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)・高級事務レベル会合の各国・地域の参加者が会合前日の21日、平和記念資料館(原爆資料館)を視察した。参加者に同行したヌールAPEC事務局長は「平和の大切さを再認識した。努力して平和を築き上げていかなければいけない」と訴えた。
 一行は、原爆死没者慰霊碑に献花。続いて訪れた資料館では、被爆直後の広島の街並みを再現したパノラマ模型などについて説明を受けるとともに、高橋昭博元館長の被爆体験談に真剣な表情で耳を傾けた。
 一連の視察を終え、ヌール事務局長は「繁栄によって平和は支えられる」などと感想を述べ、APECを通じた地域経済統合や成長戦略が平和と不可分であるとの考えを強調した。
 高級事務レベル会合は22日から2日間の日程で同市で開かれる。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論
元特攻隊員に64年ぶり被爆手帳=長崎湾の魚雷艇、「証拠なく苦労」
長崎の高校生ら、核廃絶アピール=「不幸知らねば」と署名相次ぐ
マータイさん、平和記念公園訪問へ=広島市

大阪・堺市議に参加要請 「橋下党」23日準備会(産経新聞)
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連(医療介護CBニュース)
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想(J-CASTニュース)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討−福知山線事故(時事通信)
シュワブ陸上案の問題点指摘=前原沖縄相(時事通信)
[PR]
by disjsgmp34 | 2010-02-23 07:57